津軽海峡フェリーは犬連れで乗船できる!愛犬と北海道と本州をつなぐ船旅へ

スポンサードリンク
   

北海道函館市と青森県青森市をつなぐ津軽海峡フェリー。
犬に優しいフェリーとして有名です。
フェリーという移動手段ではあリますが、船内には犬と同室できるプライベートドッグルームがあります。
室内は犬をフリーにすることができ、広く大型犬でもゆったり過ごせます。
プライベートドッグルームから直接ドッグバルコニーという、広くはないが外を楽しめるスペースがあります。
もちろんプライベートなので他の犬を気にする必要はありません。

料金は少々お高いです。
軽いお出かけというよりも、愛犬と一緒に旅行に行くつもりで、長期の休みが取れた際に思い出作りに行ってみるとよいと思います。

おすすめ理由その1:プライベートドッグルームがある

冬は閉鎖されていますがプライベートドッグルーム専用のドッグバルコニーがついております。
走れるほど広くはありませんが外の空気を吸えるので犬の気分転換にとても良いようで、好んでバルコニーに出ています。

私はまだ会ったことがないのですが、運がよければ津軽海峡のイルカを見ることができるようです。
冬季であっても室内自体が広く、ゲージに閉じ込めることなく自由に移動できるのでストレスフリーです。
毛布や布団はついていませんがベッドほどの大きさのあるソファーが二台あるのでゆったり休めます。
乗船、下船は持参したゲージに入れて移動になります。約4時間ほどの船旅になりますが、乗船時にペットシーツを頂けるのでトイレも心配ないと思います。

 
スポンサードリンク
 

おすすめ理由その2:立派で頑丈なドッグゲートがあるので、脱出の心配もありません

プライベートドッグルームに入る時に開ける部屋のドアだけでなく、立派で頑丈なドッグゲートもついているので、犬に気付かず誰かドアを開けてしまったりしても犬が室外へうっかり脱出してしまうことなく安心して部屋ですごせます。
ゲートの高さがあるのでおそらく大型犬でも脱走は難しいかと思います。
プライベートドッグルームは二部屋用意されていますが、普通のドッグルームもあるので、家族と離れてゲージの中で待てる犬であれば、普通のドッグルームを利用したほうがだいぶ安くすみます。
私が利用したときのプライベートドッグルームの料金は12340円だったかと思います。
プライベートドッグルーム利用料プラス人間の運賃がかかります。

 おすすめ理由その3:フェリー内にはいろんな施設がある

船内には小さいですが売店があり、津軽海峡フェリーでしか購入できないようなお土産も置いてあります。
同じく小さいですがゲームコーナーやキッズルームもあります。
お風呂はありませんが、シャワールームが用意されており無料で利用することができます。

食品や飲み物の自動販売機もあり4時間ほどの航海があっという間に終わる感じがします。
海を眺めながら過ごせるポイントもあるのでのんびり過ごせます。
船内は新しくとても綺麗なので快適です。
プライベートドッグルームも空気清浄機のおかげなのか犬の匂いなど気になることもほとんどないです。
船内探検は楽しいですが、プライベートドッグルーム内にテレビが設置されているので部屋から出ずとも快適に過ごせます。

まとめ:愛犬との思いで作りには最高のひととき

津軽海峡フェリーの数種類の船舶にあるプライベートドッグルームは船内で犬と一緒にのんびり過ごすことができる快適な空間です。
家族と離れることに不安が強い犬でもずっと一緒なのでストレスなく旅を楽しめると思います。
冬季以外は併設のドッグバルコニーがあるので外の空気を吸って人も犬もリフレッシュできます。
単なる移動手段としてのフェリーを超え、楽しい船内での思い出を作れる場所だと思います。

他にもいいスポットをご存知でしたら、是非コメントで教えてください。

 

スポンサードリンク

 

こちらの記事もあわせてご覧ください

 

コメント大歓迎です!