【犬の抜け毛】少しでも掃除が楽になる方法は?

スポンサードリンク
   

あなたは「愛犬の抜け毛」に悩んでいませんか?

  • 春と秋は家中、毛だらけ・・・
  • 一日何度も掃除機をかける・・・
  • ブラッシングが永遠に終わらない・・・

愛犬の抜ける毛の量にびっくりしますよね。
冬から春になる頃、夏から秋になる頃、気温の変化を感じてワンちゃん達は自然と夏毛、冬毛へと生えかわります。
この時期を換毛期といいます。

この時期、私の愛犬も、一回ブラッシングしただけで、ソフトボールの大きさになるぐらい毛が抜けます
びっくりですよね
ブラッシングを毎日してあげても、室内で犬を飼育しているとどうしても家の中が毛だらけになってしまいますよね。
でも、抜け毛をそのまま放置しておくと衛生的にもよくありません。

特に抜け毛はノミ、ダニの恰好の住処となりますので愛犬のためにもコマメにお掃除してあげましょう。
抜け毛対策にはブラッシングを頑張るということに尽きるのですが、ちょっとでも掃除が楽になれば嬉しいですよね。
少しでも掃除が楽になるコツ、お教えします。

抜け毛のシーズン 掃除を楽にする3つのコツ

  1. ブラッシングはお風呂場や外で
  2. 車用カーシートを活用する
  3. 掃除は朝一番に

 

ブラッシングはお風呂場で

毎日のブラッシング、頑張れば頑張るほど家の中に毛が漂ってしまいますよね。
そこでお奨めなのがお風呂場でのブラッシングです。
密閉された空間なのでブラッシングの毛が他の部屋に飛び散ることもありませんし、ブラッシング後にシャワーでお風呂場全体を流せば、抜け毛を洗い流すことも簡単です。
水で抜け毛を洗い流す前に、排水溝がつまらないようにゴミ取りネットをつけておくと後処理も楽ちんです。

他には、外でやるのもおすすめです。外であれば、多少毛が飛び散っても問題ありません。
外であれば、広いので、愛犬のブラッシングもやりやすいです。
ただし、住宅街にお住の方は、毛が飛び散って他の家に行ってしまうことがあるので、なるべくちゃんと処理をするようにしましょう。
風が強いときは、毛がものすごく飛び散るので風が弱いときにやるようにしましょう。

 
スポンサードリンク
 

車用カーシートを活用する

車用のカーシートは車内を汚さないため、防水加工や静電気防止加工などが施されているため、犬の毛がからみついてしまう心配がありません。
カーペットやソファなど、ワンちゃんがよく座る場所などに敷いておけば、溜まった毛も簡単に処理することができて便利です。
毎度掃除が大変な場所に使えば、簡単に抜け毛が処理できますね。
いっそのこと車内でブラッシングしてしまうのも、手です。

掃除は朝一番に

 

ワンちゃんの毛はふわふわと空中を漂っているため、日中など人が活動している時間帯に掃除しても気が付けば毛が床に落ちて溜まっていきます。
このため、浮遊していた毛が床に落ちている朝一番に一気に掃除してしまうことが大切です。
掃除機の場合、床に置いていた毛が再び舞い上がってしまう可能性がありますので、掃除機をかける前に濡らしたモップなどで床を拭いてから掃除機をかけると効率的に毛を掃除することができますよ。

まとめ:ブラッシングは場所と時間が大事

  1. ブラッシングはお風呂場で
  2. 車用カーシートを活用する
  3. 掃除は朝一番に

抜け毛は愛犬の健康のバロメーターでもあります。
健康維持のためにも毎日のブラッシングはしっかりとしてあげたいですね。
こまめなブラッシングは掃除を楽にもしてくれます。

換毛期に抜けた毛をブラッシングして取り除いてあげないと、大事な愛犬が皮膚病になってしまったことがあります。
なるべくブラッシングはこまめにやってあげましょう。

換毛期じゃないのに抜け毛が激しい場合は、病気になっている可能性がありますので、お近くの獣医師に相談することをお勧めします。

 

スポンサードリンク

 

こちらの記事もあわせてご覧ください

 

コメント大歓迎です!