坂上忍の愛犬サンタが義足を付けてドッグランへ!元気に走り回る姿に感動!

スポンサードリンク
   

天才志村動物園の企画で、坂上忍さんが飼い始めた愛犬サンタ。

サンタは前足を事故でなくし足が1本ありません。


そんなサンタに元気で走り回ってもらいたいと言う気持ちから、坂上忍さんは義足を作ってあげたいと思いました。

そんな感動の物語を紹介していきたいと思います。

サンタは保護犬で筑波の保護施設にいた

サンタの年齢は約4歳です。

犬種は雑種でしょう。

サンタは左前足がありません。

散弾銃で撃たれたような跡があります。

どうやら猟銃で打たれてしまったようです多分事故で撃たれたんでしょう。

とても残念なことです。

そのせいで左前足を失ってしまいました。

名前は坂上忍さんがつけました。

筑波の保護施設から引き取ったことから、筑波サンタと名付けました。

由来は太陽のさんからとったようです。

太陽のように輝く人生を送ってほしいと言うことでしょう。

坂上忍さんは11匹の犬を飼っていました。

そしてサンタを自分が買う人生最後の犬と決めて飼うことにしたのです。

前足が無いという事は散歩も十分にはできないでしょう。

しかし、坂上さんはそういった大変だということをわかっていたにもかかわらずサンタを飼うことにしました。

こんな素晴らしい人はいないでしょう。

本当に犬が好きなんだと思います。

坂上さんはサンタを受け入れる基準として他の11匹の飼い犬たちとの関係を見て決断したのです。

安易に受け入れるのではなく、他の犬達と仲良くやっていけるのか、サンタの事や他の犬たちのことも考えながらちゃんと決めたのです。

本当に思慮深くて素晴らしい方だと思います。

 
スポンサードリンク
 

坂上さんはサンタに義足を作ってあげようとしている

坂上さんはサンタと毎日散歩をします。

サンタには左前足がないため散歩もまともにすることができません。

どうしても右足のほうに重心が酔ってしまって、うまく歩くことができないのです。

当然ですよね。

本来足が4本あるのが普通ですから、うまく歩けないのは当然です。

そんなサンタを見かねて坂上さんはサンタのために義足を作ってあげようと考えました。

左前足に規則をつけてあげることで、もう一度サンタに元気に走りまわってもらいたいと思ったのでしょう。

普通の人なら規則をつけてあげようなんて思わないと思います。

本当にいるの事は考えていてすばらしい方ですね。

頭が上がりません。

サンタの義足を作るのは動物専門の義足を作る島田旭緒さん

そんなサンタの義足作りを担当するのは、島田さんです。

東洋装具医療器具製作所に勤めている方です。

なんでも、これまでに10000匹以上の動物たちの義足や車いすを作ってきた超ベテランの義足技師です。

しかし、サンタの義足を作りますが、なかなかうまくいきません。

最初に作った義足は、サンタにとって違和感が大きかったらしく、散歩中に途中で座り込んだりしていました。

それでも坂上忍さんは、サンタに元気に走り回ってほしいと義足の更なる改良をお願いします。

そして、改良を重ねた結果、なんとサンタは、義足に体重をかけて歩き出したのです。

そして、志村動物園の番組中に急遽義足を付けたサンタをドッグランに連れて行ったのです。

まだ、元気に走り回るところまではいきませんでしたが、他の犬達と触れ合うことができて、サンタもとても幸せそうでした。

義足は更なる改良が必要の様ですが、最終的な方向性は決まりそうな感じだと坂上忍さん本人が言っています。

サンタ…..義足の練習頑張ってます。

そろそろ、最終的な方向性が決まりそうな…..感じ。

あくまでも、現段階での話ですが…..。

引用元:坂上忍ブログ公式ページより

 

島田さんについての記事は下記に詳しくまとめました。

ぜひご覧ください。

義足のタイプが決定

前回の放送では、サンタの義足は杖タイプの義足でしたが、最初は気に入っていたが、数日すると嫌がって歩かなくなってしまいました。

見かねた坂上忍さんは、以前のばねタイプの義足に付け替えるとそちらの義足では歩くようになったのです。

ただ、前のばねタイプの義足は少し短かったので、もう少し長くするとのことです。

果たしてサンタは気に入るのでしょうか。

楽しみですね。

サンタとぽちがお散歩に:最新情報

志村けんの飼っている愛犬ぽちと坂上忍のサンタが義足が上手くいったら散歩をしようと約束していました。

そして、とうとう約束の日が来たのです。

東京の深大寺周辺を一緒に散歩することができるようになったのです。

サンタは捨て犬、ぽちは野犬というどちらもつらい過去があった犬達が二人の飼い主のもとで幸せに暮らしているのをみると嬉しくなりますね。

今後も進展があれば追記していきます。

義足をつけて元気にドッグランで走り回る犬達

義足を付けて元気にドッグランで遊ぶ犬達の動画を見つけましたので紹介します。

この子は、まつかぜちゃんという名前で、後ろの両足を不慮の事故で無くしてしまいました。

しかし、義足を付けることで、元気に走り回ることができるのです。

とても素晴らしいことですね。

ひと昔前なら、犬の義足なんてありませんでしたから、まともに散歩もすることができず体力が無くなっていきどんどん弱っていったでしょう。

元気に走り回れて本当に良かったですね。

義足を付けることで、元気に走り回れるようにサンタも島田さんにサンタに合う義足を作ってもらえるとよいですね。

まとめ:サンタが義足をつけてドッグランで元気に走り回れるようになるのはそう遠くない未来

坂上忍さんの飼っている犬のサンタについて紹介しました。

  • サンタは保護犬で筑波の保護施設にいた
  • 坂上さんはサンタに義足を作ってあげようとしている
  • サンタの義足を作るのは動物専門の義足を作る島田旭緒さん
  • 義足をつけて元気にドッグランで走り回る犬達

今後もサンタの義足作りは進展していきます。

元気にサンタが走り回れる姿が見れると良いですね。

 

スポンサードリンク

 

こちらの記事もあわせてご覧ください

 

2 件のコメント

  • テレビでサンタを拝見しましたが義足がちゃんと荷重がかかってないのではないでしょうか?
    断端の前方に足部が付いてますが後方に付けた方がいいのではないでしょうか?
    人の義足でも断端の前方に支柱は付いてないですよね
    荷重をかけることができないですから
    後方に支柱を付けることで荷重をかけることができるのではないでしょうか?

  • テレビで拝見する限りでは、サンタは義足を付けるのが嫌なことを理解して欲しい!と言う目つきです。何故なら、付けた義足が足の付け根に当たって痛いように見えます。その部分にもう少しクッション性を考慮してみたらどうでしょうか!?

  • コメント大歓迎です!