堺・緑のミュージアムハーベストの丘は愛犬と入園できる!観覧車に一緒に乗って景色を楽しめる!

スポンサードリンク
   

堺・緑のミュージアムハーベストの丘は大阪府堺市南区にある農業公園です。

里山の丘陵地帯に作られた自然豊かな環境で、様々な体験を楽しめる場所となっています。

四季の花々を愛でるもよし、可愛らしい動物たちとふれあうもよし、観覧車などの遊具に乗るもよし、そして美味しいパン作りにチャレンジするもよし。

とにかくいろんな楽しみ方ができ、一日たっぷりと遊べるおすすめスポットです。

しかも、愛犬を連れて園内をお散歩させることまでできちゃうんです。

そんな堺・緑のミュージアムハーベストの丘について詳しくまとめました。

是非ご覧ください。

愛犬を連れてのデートもおすすめ

ハーベストの丘は面積35ヘクタールという広大な敷地を誇っており、しかも丘陵地帯にあるために山あり谷ありの起伏に富んだ地形となっています。

犬は1頭300円の入園料がかかります。

注意点としては、以下の証明書が犬連れでの入園では必要になります。

①5種以上の混合ワクチンの接種証明書

②狂犬病予防注射の接種証明書

※犬鑑札または注射済票では入園できないので注意。

いざ愛犬を連れていって入れないなんて事にならないよう、忘れないよう注意してください。

 

園内を歩き回っていると登ったり下ったりを繰り返して本当にいい運動になります。

愛犬を連れてのデート散歩もとてもおすすめです。

飼い主の方は疲れるかも知れませんが、愛犬の散歩にはうってつけの地形と言えるでしょう。

普段、決まったコースばかりを散歩させられているワンちゃんには新鮮でとてもいい刺激になると思います。

また、犬を連れて来場された方のための、広々としたドッグランまで開設されています。

森に囲まれた自然豊かな環境の中、ワンちゃんをリードから解き放ち、芝生の上を自由気ままに走らせてあげることができるので、とてもおすすめできます。

 
スポンサードリンク
 

 犬のふれあいやしつけ教室がある

ハーベストの丘では定期的に家庭犬しつけ教室が開かれていて、申し込めば飼い犬を連れて参加することができます。

プロのトレーナーの方が丁寧に犬のしつけ方法を教えてくださり、実際に訓練を施していただけるので、普段わがままなワンちゃんのしつけに悩んでいる方は一度試しに参加されてみてはどうでしょうか。

また、同じ飼い犬のしつけに悩んでいる他の参加者の方々とも交流することができるので、飼い主同士でお互いにしつけの悩みについて話し合ったり、参考になる意見を聞けるかも知れません。

いつもは中々言うことを聞いてくれないワンちゃんも、普段とは違う環境で訓練を受けることで、いい方向に変わってくれるんじゃないかと期待が高まります。

また、犬を連れていなくても犬とふれあうことができます。

わんわんふれあい広場では犬連れでない方もかわいい犬達とふれあえます。

これも時期によっては開催していないこともあるので事前に確認しましょう。


観覧車に愛犬と一緒に乗ることができる

ハーベストの丘には公園のシンボルとも言うべき観覧車があります。

高さが36メートルですので、それほど大きな観覧車ではないのですが、カラフルで可愛らしいデザインですし、小高い丘の上に建てられているので眺望がよく、周囲の泉北ニュータウンや上神谷地区の山々を一望することができます。

実はこの観覧車、大人一人と同じ料金300円を追加で支払うと、飼い犬を連れて乗ることができるのです。

実際に愛犬を抱きかかえて乗ってみれば、動き出した観覧車におっかなびっくりしつつも、普段見ることのない高い場所からの景色に興味津々になり、ジッと遠くを眺めていました。

ワンちゃんにとっても、非日常的な体験はとてもいい意味で刺激になったのではないでしょうか。

まとめ:ハーベストの丘は愛犬家におすすめ

ハーベストの丘は、愛犬家向けのイベントを積極的に展開していて、ワンちゃんとのお出かけにはとてもおすすめできるスポットです。

ただし、飼い犬を連れて入場するには5種以上の混合ワクチンや狂犬病予防注射の接種証明書の提示が必要ですし、園内で伸縮リードやロングリードの使用も禁止されています。

動物が飼育されている村エリアへも立ち入ることができません。

しかし、犬を連れていない一般のお客さんとトラブルが生じないようにきちんとルールが決められているので、安心して犬連れで入園させることができます。

ただ、ルールさえ守れば、ワンちゃんとたっぷり遊ぶことができるとても素敵なお出かけスポットですので、是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

こちらの記事もあわせてご覧ください

 

コメント大歓迎です!