向山大池公園は犬連れ散歩が面白い!桜やつつじに水辺もあり散歩コースも広くてペットも安心!

スポンサードリンク
   

向山大池公園は愛知県豊橋市向山町にあります。

水辺がある公園ということで冬にはカモが来たり、桜やツツジの名所としても有名な公園です。

昔はガチョウがいましたが、今はいつもいるのがカルガモだけになり、のびのびと泳いでいます。

犬連れの散歩は少し少ないですが、犬連れの散歩としては特に面積が広くおすすめです。

近くに配本センターという図書館も一緒についているため、休日の月曜日なら駐車場が空いています。

月曜日がおすすめです。

春には桜5月にはつつじが見どころ

犬がもっと楽しく遊べるからです。

犬もいつもボール遊びや何か転がす遊びだけではつまらないと思っている家庭も犬も沢山いると思います。

しかしながら向山大池公園ではツツジモあるし桜もあり、犬と一緒にときどき花を見ながら触れ合ったり散歩も上機嫌に楽しませることも出来ます。

花が好きな犬も沢山いると思います。

桜は3月下旬当たり、ツツジは5月が見頃です。

つつじは約10000本も咲いています。

見てみるととても圧巻です。

この時期にくればときどき遊び慣れてしまったボール遊びを辞めながら花の楽しさも覚えさせることが出来ます。

何もない散歩よりはこうして花があったり咲いているのを見ながら楽しむ散歩のほうが楽しいですよね。

桜やツツジの季節の場合はよく駐車場も混んでいます。

配本センターと一緒の駐車場になっていますが、月曜日なら比較的空いています。

 
スポンサードリンク
 

池や野鳥を見ながらお散歩できる

他にも犬が遊べる場所も沢山あります。

犬が水辺を眺めたり、水辺に映っている自分の犬の顔を眺めたりすることも出来ます。

カモが来るのは冬です。

他の地域と違ってあまり向山大池公園のカモは馴れ馴れしいところはなく、少し近づくと逃げてしまいます。

散歩のときに遠くから眺めながら一緒に散歩を楽しむといいです。

もちろん夏にもカモが多少はいます。

こうしたカモはどちらかというと人や犬に慣れています。

ときには蝶々などもおり、蝶々などと一緒に駆け回ることも出来ます。

ボール遊びもいいですが、差し障りのない程度に蝶々などと触れ合うのがとてもいいです。

犬にとってはストレスも開放されて安心した散歩にもなります。

こうした意味でも向山大池公園は魅力になります。

散歩コースが広くて犬同士がすれ違っても安心

おすすめな理由の3つ目は、散歩コースが広いことです。

外に行けば大木な道路で車がよく走っていますが、公園内だからしっかり安全です。

犬と人と十分に歩く幅もスペースも長さもきちんとあるから遠慮をすることはありません。

距離も長いため十分に散歩をさせることが出来ます。

犬連れで来ている人も豊橋の他の公園に比べて少ないところもありますが、しっかりしていて穴場スポットでもあります。

人も少ないため犬とリードをつけて走らせることも出来るし、犬も満足して楽しめます。

犬にとっては十分な広さがストレスにききます。

いつも自宅で狭いところにいるとストレスが溜まりますが、こういうふうに広いところならどこまでも満足して遊ばせることが出来ます。

まとめ:向山大池公園は犬にもおすすめのスポット

犬はストレスが溜まらないように散歩をさせなければいけません。

まず目安としては広い公園がおすすめです。

向山大池公園は広い公園だから犬の散歩には十分楽しませることが出来ます。

しかし遊びすぎることで犬が疲れてしまうため、犬に合わせた散歩が出来るのがコツです。

一番空いているときは冬の1月の正月あたり、2月の半ばあたりの平日がおすすめです。

 

スポンサードリンク

 

こちらの記事もあわせてご覧ください

 

コメント大歓迎です!