犬の多頭飼いをした場合の3つのメリット

スポンサードリンク
   

あなたは犬を多頭飼いをしていますか?または、多頭飼いしている知り合いがいますか?

  • 多頭飼いしてみたいけどどんな感じなの?
  • 育てるのが大変そう
  • 多頭飼いのメリットってなに?

今回は、犬を多頭飼いする場合のメリットについて紹介していきます。

 

あなたは「多頭飼い」をお勧めできるのはどんな時?

私が考える犬の多頭飼いのメリットは3つあります。

他にもこんなメリットがあれば是非コメント欄で教えてください。

  • 「楽しく遊ぶ姿を見る時」
  • 「犬のルールが出来る事」
  • 「社会性をしっかり学べる」

 1つずつ詳しく紹介していこうと思います。

多頭飼いおすすめできる魅力的な事は

楽しく遊ぶ姿が見られる

犬同志が走り回る姿を見ていると、この速度では一緒に遊んであげることは出来ないなと実感します。
おもちゃを取りに行く、寝転んでじゃれあう姿もそうです。
とにかく元気いっぱいで体力も負けてしまいます。

遊ぶことに疲れ切って寝ている姿を見ても、満足していると嬉しくなります。

この気持ちが多飼いの一番の魅力ではないでしょうか。

 
スポンサードリンク
 

犬のルールが出来る事

犬は群れでの行動に安心感を覚えます。群れの中で遊ぶことでルールを自然と学び、自主性が育ちます
飼い主様をリーダーとしていれば問題はないのですが、1頭だと可愛がりすぎて、何でも犬を優先してしまい、犬が自分の方が上と思い込んでしまう事も多くあります。

しかし多頭であれば1頭だけを過保護にすることは出来ないので自然と全体に目が行き届くようになり、犬たちからも飼い主様がリーダーだと認めてもらいやすくなります。

また犬本来の群れという生活スタイルは最も自然な形で成り立ちます
孤独感を感じ難く、飼い主様が留守でも、仲間がいることで安心して待っていることが出来ます。

社会性がしっかりと学べる 

犬同士で、じゃれたり、唸ったり、ケンカしたり、身を寄せ合ったり家の中に2頭いると豊かなコミュニケーションを見られて楽しいです。

犬同士の運動量に合わせて遊ぶことでストレス発散となり甘噛みなどする犬であれば、先住犬を噛むと叱られます。

噛む力加減をしっかりと学べます

飼い主に怒られることは、2頭目の子はほとんどしません。

しっかりと学んでいます。

先住犬と同じ行動をすることで自然と覚えることが多くこの社会期間にしっかりとしつけが入る事で、飼いやすく穏やかな犬との生活が送れます

まとめ:多頭飼いは大変だけどメリットがいっぱい

多頭飼いはメリットも多く、動物本来の生活スタイルに合っています。
もちろん飼い主様がリーダーという事が大前提で成り立っています。
犬にとって、リーダーと群れの生活は安心して暮らしていけるのです。

多頭飼いは自然と社会気が学べますが、こちらも先住犬がしっかりしていることが大切です。
飼い主様がルールを教えていれば、すんなりと2頭目も受け入れることが出来ると思います。

飼い主様が一番の位置にいることが大切なのです。

以下の記事に、犬の多頭飼いのデメリットについて紹介しています。

犬の多頭飼いをした場合の3つのデメリット

 

スポンサードリンク

 

こちらの記事もあわせてご覧ください

 

コメント大歓迎です!