東筑波ユートピアの怖いライオンがいなくなった理由は?代わりの大型動物が大評判?

スポンサードリンク
   

テレビ番組で紹介された東筑波ユートピアには様々な動物たちがいます。

そんな中でも動物園の代名詞といったら何の動物でしょうか?

  • 動物園といったらキリンかな?
  • やっぱりパンダでしょ
  • コアラじゃない?

上記の動物は、人気動物ランキング上位の動物です。
東筑波ユートピアには残念ながらいません。

今回紹介するのは、ライオンです。

  • 東筑波ユートピアにライオンなんているの?
  • もしかして触れたりするの?

って思ったあなた、結論から先にいうとライオンはつい先日まで居たのですが、とある事情で東筑波ユートピアを去ってしまいました。

詳しくまとめましたので、ぜひご覧ください。

ライオンがいなくなった理由は評判?経営難?

ライオンが去ってしまった理由は明らかにはされていません。

ライオンがいたときは、餌やり体験ができました。

 

「え!? ライオンに餌やり体験!?」

「いやいやいや、怖すぎるでしょ!」

 

あなたもそう思いませんか?(笑)

たしかに、想像すると、めちゃくちゃ怖いですよね。

一歩間違えれば、自分がエサになっちゃうんじゃないかという・・・。

 

でも、実際はおとなしいライオンで、評判はとても良かったんですよ。

考えてみれば、ライオンの餌やりなんて早々できませんよね。

上野の動物園に行ったって、遠くにいるライオンや虎を、小さい窓から眺めているだけですよね。

まさに「ユートピア」です。動物と触れ合えまくる楽園ですね!

しかし、残念ながらいなくなってしまいました。

評判は良かったのに、なぜでしょうか?

考えられるのは、やはり経済的な理由ですね。
詳しいことは次に紹介します。

ライオンの一ヶ月の食費は約8万円で年間約100万円掛かる

ライオンの一ヶ月の食費代は、意外と安く、8万円程度しかかかりません。
あの見た目ですから、物凄く食べそうで食費が馬鹿にならなそうですよね。

ですが、意外と安いんです。

ライオンは一日に約5kg程お肉を食べます。
鶏肉だと1kg700円ぐらいですから、1日3500円です。

しかし、ライオンは毎日ご飯を食べません。

週に2日ぐらいは食べなくても水だけで平気なのです。
ですから、1ヶ月30日として、週2日食べなければ22日分の食費がかかります。
計算すると、3500円×22日=77000円と約8万円程度です。

牛肉だと1kg2000円ぐらいですから、1日10000円です。
計算すると22万円食費がかかります。

普通の動物園ならなんてことないですよね。

しかし、東筑波ユートピアは違います。
ただでさえ人が来ませんから、食費を賄えないのです。
テレビで紹介されていましたが、他の動物たちの餌は買うお金がないので、近くの八百屋さんやスーパーで出た野菜の切れ端を貰ってきているのです。
鶏肉や牛肉は分けてもらうことができませんから、肉食動物であるライオンはどうしても食費がかかってしまうのです。

ちなみに貰ってきた野菜を食べているうさぎについても記事を書いているので是非ご覧ください。

 
スポンサードリンク
 

クマが大型動物最後の砦!評判は上々!

ライオンは去って行ってしまいましたが、他の大型動物に熊がいます。
種類はツキノワグマです。

この熊は、親が猟師に打たれてしまって、1匹になってしまったのを園長が不憫に思って引き取ったのです。

熊は雑食ですから、常にお肉を食べなくても平気です。
ですから食費もライオンより安く済みます。

もし、クマさんもいなくなってしまったらいよいよ経営がやばいかもしれませんね。

まとめ:ライオンはいないが他にも色々な動物と触れ合える

東筑波ユートピアにいたライオンについて紹介させていただきました。

  • いなくなってしまった理由は経済的な理由から
  • ライオンの一ヶ月の食費は8万円程度

近距離でライオンの餌やり体験はもうできませんが、他にも色々な動物がいます。

クマには触れうことはできませんのでご注意ください。
誰も見ていない所で触るのは勝手ですが、自己責任になります(笑)

是非一度行ってみてください。

 

「日本一客の来ない動物園を、日本一詳しく紹介した特集記事です!」
東筑波ユートピア特集

 

スポンサードリンク

 

こちらの記事もあわせてご覧ください

 

コメント大歓迎です!