老犬が長生きする秘訣とは?長寿に欠かせない6つ条件

スポンサードリンク
   

あなたは愛犬の寿命について考えたことはありますか。

犬も人間と同じように環境や習慣によって寿命が変わってきます。

少しでも愛犬と長く一緒にいたいと思いませんか?

今回は、あなたが少しでも長く愛犬といられるようにするために、どんなことに気を付けなければいけないのかということについて紹介していきます。

是非ご覧ください。

老犬が長生きする条件とは?

これから六つのクイズを出します。
答えてみてください。

  1. 小型犬の方が大型犬より寿命が長い
  2. 肥満していない犬の方が肥満の犬より寿命が長い
  3. 高脂肪低繊維質のドッグフードを与えられた犬は寿命が短い
  4. 避妊手術をした犬の方がしない犬より寿命が長い
  5. 屋内で飼われている犬の方が屋外で飼われている犬より寿命が長い
  6. 田舎暮らしの家の方が都会暮らしの犬より寿命が長い

どうでしょうか答えられましたでしょうか?

これ全部○が正解です。

ではひとつずつ説明していきます。

 
スポンサードリンク
 

小型犬の方が大型犬より寿命が長い

これは意外ですね。

大型犬の方が寿命に長そうに感じますが実は小型犬の方が寿命が長いのです。

大型犬の寿命は約10年に対し小型犬の寿命は約15年といわれています。
小型犬の方が寿命が5年ほど長いのです。

ですから犬を飼う際や現在飼っている犬があとどれぐらい一緒にいられるのかを考える時、同じ年齢なら小型犬の方が長い時間いることができます。

肥満していない犬の方が肥満の犬より寿命が長い

これは言うまでもなくわかりますよね。

人間においても健康な体の人よりも肥満方が寿命が短くなりますよね。

それと同じです。

ですから、可愛いからといってご飯をたくさんあげすぎたり、おやつをあげすぎたりすると犬の寿命が短くなってしまいます。

注意してください。

高脂肪低繊維質のドッグフードを与えられた犬は寿命が短い

これはどういうことかというと、簡単に言ってしまえば安いドッグフードを食べさせていると寿命が短くなってしまうということです。

ついつい安いからと言って、コストパフォーマンスの良い安くて量があるドッグフードを選んでしまうと、高脂肪低繊維質の餌を食べさせることになってしまいます。

ドッグフードは高脂質ではなく高タンパクなドッグフードを選んであげる必要があります。

私が勧めるおすすめのドッグフードはこちらです。

避妊手術をした犬の方がしない犬より寿命が長い

これも意外ですよね。

実は避妊手術をした犬の方が氏に犬よりも寿命が長くなるのです。

そして驚くことに、メスだけでなくオスは去勢をすることによっても寿命が伸びるのです。

ただし、避妊手術や去勢手術をする場合は、年齢が若い子を時にしてあげてください。

高齢になってからの避妊手術や去勢手術は非常に体力を使うため、おすすめはできません。

屋内で飼われている犬の方が屋外で飼われている犬より寿命が長い

これは屋外よりも屋内の方が、環境の変化胃が小さく犬にとってのストレスが小さいからです。

屋外だと日中と夜では気温差が激しく、雨風にさらされることになります。

こういったストレスが寿命に影響を与えてきます。

もし屋内で買うことができるのであれば屋内で買うことをお勧めします。

田舎暮らしの犬の方が都会暮らしの飯より寿命が長い

これは田舎の方が土地が広く自然も多いため、犬が十分な運動をしやすいということから寿命が長くなります。

都会暮らしだとなかなか犬が走り回れる環境を作るのは難しいですよね。

都会に住んでいる方は、なるべくドッグランや走り回っても平気な公園などで週末は犬と一緒に過ごすと良いでしょう。

なるべく毎日の散歩もしっかりとし、体力を落とさないようにすることも重要です。

健康管理のための正しい知識を持ちましょう

老犬が長生きすると言われている条件をあげました。

個体差があるので一概には言えませんが、上の条件を満たすようにすることで少しでも長く寿命を伸ばすことができるでしょう。

病気のリスクを回避する対策や心身にストレスの少ない環境づくりがいかに長生きするかすることにとって大切であるかが分かります。

あなたが犬の健康管理のための正しい知識を持つこと愛犬の健康状態や飼育環境についてより正しい認識を高めることが愛犬を元気に長生きさせるコツです。

今すぐにできることと言ったら、十分な運動をさせてあげること、栄養価の高いドッグフードに切り替えることです。

おすすめのドッグフードを紹介しますので、是非下記のリンクからご覧ください。

まとめ:家に迎えた時から始める健康管理

犬が長生きするための6つの秘訣を紹介しました。

  1. 小型犬の方が大型犬より寿命が長い
  2. 肥満していない犬の方が肥満の犬より寿命が長い
  3. 高脂肪低繊維質のドッグフードを与えられた犬は寿命が短い
  4. 避妊手術をした犬の方がしない犬より寿命が長い
  5. 屋内で飼われている犬の方が屋外で飼われている犬より寿命が長い
  6. 田舎暮らしの家の方が都会暮らしの犬より寿命が長い

犬が年を取ったから始めることではなく、子犬を迎えた瞬間から始めるのが良いのです。

愛犬が肥満になってしまったり、病気にかかってしまったり、動けなくなった時、急に慌てて良い飼い主になろうとしても遅いのです。

でもそれはなかなか大変なことですよね。

それまでしていたことをやめたり、それまでしなかったことをしたり、習慣を変えるのは簡単なことではありません。

当たり前のことを当たり前に続ける。

それが大切なのです。

愛犬は長い年月を共に過ごすパートナーです。

愛情を込めて細やかな気配りをすればきっと快適な人生を幸福に送れますよ。

 

スポンサードリンク

 

こちらの記事もあわせてご覧ください

 

コメント大歓迎です!