犬が物にぶつかる!あなたの犬は年のせいじゃなく白内障かも?

スポンサードリンク
   

最近、 あなたの飼い犬が、まっすぐに歩けてない、物にぶつかることが多いなどの症状はありませんか?

その場合、考えられるのは、目の病気か痴呆症の可能性が高いです。

今回は、目の病気について紹介していきます。

高齢犬になると目の病気かかりやすくなります。

特に、長毛犬種は、目に毛がかかり目の病気が多くなりやすいです。

  • 瞳が白く濁っている
  • 目が充血し、しきりにこする
  • べっとりとした目やにが多い

このような症状が見られたら目の疾患の疑いがあります。

これから目の疾患の症状とかかりやすい犬種、かかってからの生活の注意点などご紹介します。

老犬が物にぶつかるのは目の病気の可能性が高い

老犬が物にぶつかるのは目に何らかの異常がある可能性が非常に高いです。

あなたの愛犬を普段見ていてなんか目がおかしいと思ったことはありませんか?

そんな目の病気の症状についてまとめましたので、是非チェックをしてみてください。

少しでも当てはまるようであれば、すぐにかかりつけの獣医師に相談してみてください。

早ければ早いほど治療できる確率が上がります。

では、順番に紹介します。

瞳が白く濁っているて透明感がない

高齢犬には代表的な目の疾患である白内障の症状です。

人間と同じく、水晶体が白濁して視力が弱まる病気です。黒目が徐々に白く濁ってきます。

ほぼ、すべての犬種がかかりますが、プードルやビーグル、マルチーズ、シーズー、柴犬は特にかかりやすい犬種と言われています。

白内障の決定的な原因は解明されておらず、治療法も高額になる外科手術になります。

愛犬の見る世界は霞んで見え、物にぶつかる事が多くなり、ボールや他の動物などに反応しなくなります。

それでも、聴覚と臭覚が発達している為普通に生活していけるのでゆっくり進行していると飼い主には、気付きにくい事もあります。

白内障が進行すると合併症を伴い激しい痛みを引き起こすケースもあります。

少しでもいつもと違う状態に気づいたら獣医師に相談してください。

目が充血し、しきりにこすったりして傷がついている

犬の目の疾患として緑内障があります。

高眼圧症とも言われます。

眼圧とは、眼の硬さのことで眼の中の圧が上がり、痛みや視力の低下、失明など障害がでます。

生まれつき目の構造の原因で発症する場合と白内障などの他の疾患が原因で発症する場合があります。

主に中高齢の犬に現れやすい病気です。

柴犬、アメリカン・コッカー・スパニエル、シーズーなどは生まれつき目の中の水(房水) を外に出す為の出口が狭いため緑内障を起こしやすいです。

他の疾患が原因で起こる場合、白内障、ぶどう膜炎がほぼ関連していると言われています。

症状として、目の充血、角膜や結膜のむくみ、目が大きくなる(牛眼)などが見られます。

目の痛みから元気がなかったり、食欲がなかったり、寝てる時間が多いなどの症状も起こります。

目と関連してない症状なので見逃してしまう事が多いので、愛犬の状況を良く観察して異常があれば、すぐに獣医師に相談することが大切です。

べっとりとした目やにが多い

ドライアイ(乾性角結膜炎)は人間だけでは無く犬にも起こりやすい疾患です。

涙の分泌不足や目の形状の不具合などによって涙が角膜に十分に行き渡らず角膜が乾燥する疾患です。

これによって角膜が傷ついたり、炎症を起こしたりします。

遺伝的な要因が多く、骨格の問題もあると言われています。

比較的短頭種や眼球の大きな犬種、ブルドッグ、フレンチブルドッグ、パグ、シーズー、ミニチュアシュナウザーなどがかかりやすいようです。

高齢犬も涙の分泌が少なくなり起こりやすいです。

目をショボショボさせたり、痛がっていたり、べっとりとした目やにが多かったりとこんな症状が現れたら早めに獣医師に相談してください。

悪化すると失明するケースもあります。

普段から目薬を利用することで予防することもできます。ホットタオルを当ててあげたり、目の周りを優しくマッサージしてあげても良いと思います。

 
スポンサードリンク
 

まとめ:老犬は目の病気に注意!

高齢犬には様々な疾患が出やすく目の疾患のも大変多いです。

視力の低下で視界が狭くなり、今まで何でもなっかった物が障害となることもあります。

愛犬の行動範囲には物を少なくしたり、歩きなれている場所は感覚で覚えているので配置替えをしない。

視力が低下してる分聴覚が敏感になります。

その為、大きな音に過敏になるのでなるべく静かな環境にしてあげてください。

愛犬が不自由無く過ごせるように生活環境の見直しをしてあげてください。

 

「老犬との暮らし特集記事です!」
老犬との暮らし特集

 

スポンサードリンク

 

こちらの記事もあわせてご覧ください

 

コメント大歓迎です!