老犬の介護が大変!そんな時は訪問介護を利用するのも大事!

スポンサードリンク
   

近年、動物医療が進み食事やサプリメントなど老犬がいつまでも元気でいられる様になり高齢化してきました。

それにともない、病気やケガで介護が必要になる状況が増えて来ています。

高齢になり、今まで普通にできていた事ができなくなって困っていませんか?ケガや病気、足腰が弱くなったりなどで食事やトイレなど自分で上手にできなくなったら人間による補助や介護が必要になります。

完全に寝たきりになってしまったらずっとそばにいて世話をしてあげるのが理想的です。

やはり、慣れ親しんだ環境と信頼している飼い主さんのそばが1番老犬にとって安心できて落ち着けるのです。

介護の基本としては

  • 食事、水分補給の補助
  • トイレの補助
  • 散歩の補助

などです。

完全に寝たきりの場合や、起き上がりのみ不自由な場合は立たせる補助が必要になります。

床擦れを防ぐ為に寝かえりをしてあげる必要もあります。

お風呂も今までと一緒とはいきません。

体への負担も考慮しながら行う必要があります。

大型犬となると体も大きいので補助するにも大変になってきます。

飼い主さんも24時間付きっきりだと心身共に疲れてしまうと思います。

そんな時にお勧めするのが、訪問介護です。

専門のサービスを利用してみる

ずっと飼い主さんと家族が協力して介護出来ることが何よりですが…色々な都合があると思います。

仕事であったり、冠婚葬祭であったり、そばにどうしてもいてあげられない時もあると思います。

最近は、本当にありがたい老犬を飼う上でのサービスが増えて来ています。

その中で老犬の訪問介護と言うのがあります。

動物の看護師やペットシッター、トリマー、愛玩動物飼育管理士など資格を持った経験豊富な方々に協力してもらうのも老犬と家族が無理無く一緒にいれる方法の1つだと思います。

使用例として、普段は家族でそばにいてあげてどうしても仕事の都合で誰もそばにいてあげれない時にサービスを利用する。事前のカウンセリングや打ち合わせなどしっかりして留守をお願いする。

家族がいて、一緒に介護のポイントなどを教わりながら利用するのも良いと思います。

介護の相談だけでも利用できる所もあるので初めは、話を聞いてもらうだけでも気持ちが楽になり良いと思います。

記念になる冠婚葬祭などでも利用されている方もいるようです。家族の一員として、結婚式に訪問介護サービスを利用して少しの時間だけ愛犬と共有したいと上手に活用している方もいるようです。

出来る限りの老犬と家族が負担無く一緒に過ごせるようにサービスを上手に利用していくと良いでしょう。

サービスの内容は事業所によって異なるので細かく確認して自分たちそして、老犬に合わせて選ぶと良いでしょう。

主なサービスとして、健康チェック、食事や水分補給の補助、オムツの交換やトイレの補助、散歩の補助、お風呂の補助、マッサージや爪切りなどの簡単な手入れなどもしてくれる所もあります。

動物病院と提携している所もあり料金も様々です。

複数の資料や説明を見て選んで下さい。

地域によってはまだサービスが行き届かない所もあります。

獣医師に相談してみたり同じように介護されてる方に聞いて情報をえると良いと思います。

 
スポンサードリンク
 

老犬の訪問介護を利用している方の声

訪問介護を利用している人はどのような利用をしているのでしょうか。

実際に利用している人の声を集めてみました。

利用するかどうかの参考になれば幸いです。

犬の訪問介護で老犬を見ていてもらうだけでなく、アドバイスも貰っている方もいるようですね。

ただ、犬の訪問介護自体がまだ少ないため、予定が埋まってしまっていて利用できない方もいるようです。

もっと犬の訪問介護が世の中に浸透して数が増えると良いですね。

まとめ:まずは気軽に利用してみる

あまり深く考えずに、気軽に一回試してみるのがいいと思います。

良くないと感じたらそれまでですが、意外と良かったとなれば、今後犬の介護が楽になります。

老犬と家族が幸せに永く一緒に笑顔の多い日々を過ごしていきたいですね。

 

「老犬との暮らし特集記事です!」
老犬との暮らし特集

 

スポンサードリンク

 

こちらの記事もあわせてご覧ください

 

コメント大歓迎です!