井上真央の愛犬ハグはぶさかわ犬!花より男子の頃から心の支えだった!

スポンサードリンク
   

女優として活躍する井上真央さん。

1987年1月9日生まれの31歳で、出身は神奈川県横浜市です。

5歳で子役デビューをし、お昼に放送していたドラマ、キッズ・ウォーでの熱演が話題となりました。

当時は13歳でした。

その後、18歳で連続ドラマ花より男子のヒロインを演じました。

ドラマは一大ブームを呼び、花より男子2、花より男子Fも放送されるほどの人気っぷりです。

映画にも多数出演しており、幅広い役柄を演じる女優です。

今回は、井上真央さんの愛犬について紹介します。

是非ご覧ください。

愛犬の名前はハグちゃんで犬種はボストンテリア

アメリカ生まれの小型犬である、ボストンテリアの女の子を飼っています。

名前はHUG(ハグ)で、井上真央さんが20歳の頃から飼っており、年齢は11歳です。

ヒルナンデスやはなまるマーケット等テレビでも紹介しており、「ぶさかわなんです」と語っています。

 
スポンサードリンク
 

舞台の楽屋に愛犬の写真入りの暖簾(のれん)を置くほどの愛犬家

2016年に井上真央さんが出演していたNODA-MAP逆鱗という舞台で使っていた楽屋にハグちゃんの暖簾が掛けられていたそうです。

しっかりとした作りで、立派な暖簾となっています。デザインも可愛らしく、紫色をベースに桜の花がプリントされています。

そこにハグちゃんのイラストが描かれています。そして、井上真央さん江 ハグより と書かれているところもとても可愛いです。

舞台は3ヶ月程行われていて、その間大好きなハグちゃんの暖簾と一緒に様々な会場を回ったのかもしれません。

ハグちゃんを溺愛している井上真央さんにとって、大きな支えとなったのではないかと思います。

どなたからのプレゼントだったのでしょうか。

井上真央さんも大変喜んだことと思います。

井上真央さんとハグちゃんはお散歩が大好き

お散歩によく行くようで、一緒に歩いていることが楽しくなってくると、井上真央さんが知らない道にも歩いて行くことがあるそうです。

お散歩に夢中になりすぎて、迷子になってしまうことも時々ありますと語ったことがあります。

小さい頃から方向音痴だったという井上真央さんですが、好奇心は旺盛なようです。

携帯の充電も切れてしまい、帰り道が分からなくなってしまったそうで、最終的には交番お巡りさんにお世話になり、自宅まで帰ることができたようです。

大好きなハグちゃんとの散歩が楽しくてたまらないことが伝わってくるエピソードです。

井上真央さんもハグちゃんもお散歩することが好きで、2人にとって大切なコミュニケーションの時間となっているのかもしれません。

まとめ:ハグちゃんは井上真央の心の支え

井上真央さんが飼っている愛犬ハグちゃんについて紹介しました。

20歳の頃から飼っているハグちゃんとに支えられながら女優業を頑張ってきたのではないかと思います。

ちょうど花より男子が放送されている時期から飼い始めたようなので、女優として忙しく活動する井上真央さんにとって、ハグちゃんは疲れた心を癒してくれる大切な存在なのではないかと思います。

 

スポンサードリンク

 

こちらの記事もあわせてご覧ください

 

コメント大歓迎です!