ニューヨークの柴犬モデルが月収170万円? インスタ画像で正体を探ってみました

スポンサードリンク
   

 

最近NY(ニューヨーク)で月収170万円稼ぐ柴犬がいると噂になっています 。

  • どうやって170万円稼いでいるの?
  • 柴犬が170万円稼ぐってどういうこと?
  • 芸能人の飼っている犬なの?

といった疑問があると思います 。

私も最近になるまでこのこの柴犬の存在を知りませんでした 。
今回は、月収170万円稼ぐ柴犬について紹介していきたいと思います 。

 

月収170万円稼ぐ柴犬の正体【名前はボディ(bodhi)くん】年齢は8歳

最近Instagramで話題沸騰中の柴犬の名前は ボディくんと言います。
Facebookで人用の紳士服を着せた写真を投稿したところとても大きな反響があったので、ボディ くんのために、飼い主が「Menswear Dog」(紳士服犬)というブログを開設したことで人気を集めました。
2018年1月現在のFacebookのフォロワー数は約23万人、Instagramのフォロワー数は約30万人を超えています 。

とても凄いですね 。

これだけ人気なら 月収170万円稼ぐというのも嘘ではないと思います

ちなみに日本で大人気の柴犬まるくんはInstagramのフォロワー数は約250万人います。

すごすぎ!!

 
スポンサードリンク
 

ボディ(bodhi)君はどんな仕事をして稼いでいるの?

元々、ニューヨークに住む飼い主のユナ・キムさんと、ボーイフレンドのデビッド・フォンさんがボディくんに人間の洋服を冗談で着せて写真を投稿したことから反響を呼び、一躍有名になります。
そこに目を付けたASOS、Coach、フェラガモといった紳士服のファッションブランドメーカーから声がかかり、紳士服のモデルをやっているのです。

犬なので、写真は上半身しかありませんが、お顔がとても凛々しく、着こなしも最高です!
季節毎のコーディネーションもしっかりしていて、アメリカ人から大人気です。
一流ファッションモデル顔負けですね。

他にも、アメリカのアパレルブランド「アメリカンアパレル」、ナイフメーカー「Victorinox」の時計広告や、コスメブランド「レブロン」の広告、メンズ香水「マンカインド」のイメージキャラクターに起用もされています。

投稿されているボディ(bodhi)くん写真

飼い主のユナ・キムさんと、デビッド・フォンさんがFacebook,Instagramに投稿している個人ページのトップ画像になります。

本当に犬が紳士服を着ているみたいですね。

とてもかっこいいです。

私もInstagramを@shibainu_umekoというIDでやっているのですが、かっこよすぎてボディくんをフォローしてしまいました。

皆さんも是非フォローしてみてください。

⚡️100% Savage Fashion Beast⚡️ @riverisland #labelsareforclothes #imwearingri #ad

Menswear Dogさん(@mensweardog)がシェアした投稿 –

 

まとめ:まるで人間が柴犬の着ぐるみを着て撮影しているようです

写真を見てもらうとわかりますが、まるで人間が柴犬の着ぐるみをきているかのようにポーズを決めています。
すごいことです。

どうやら、ボディくんはお洋服を着せても、まったく暴れたりしないようなのです。

天性の才能ですね。

うちのうめちゃんは、お洋服を着せようとするととても嫌がります。

ボディくんがうらやましい限りです。

ボディくんの飼い主さんも現在は、ボディくんのモデルの仕事を支える仕事をしているようです。

皆さんも、是非一度試してみてはいかがでしょうか?

ひょっとしたら、あなたの愛犬もファッションブランドからオファーが来てボディくんのように月170万円稼げる犬になってしまうかもしれませんよ。

 

スポンサードリンク

 

こちらの記事もあわせてご覧ください

 

コメント大歓迎です!