【予防シーズンの到来!】愛犬の予防忘れていませんか?

スポンサードリンク
   

ついうっかり…予防シーズンに忘れがちではありませんか?

  • 「ノミダニ予防」
  • 「フィラリア予防」
  • 「狂犬病予防注射」

ワンちゃんの飼い主さん達は春になると必要な予防がたくさんです!
ついつい日々の忙しさの中で、お家のわんちゃんたちの予防は後回し…になってしまってはいませんか?
春になるとしなければならない予防は、ワンちゃんの健康に害をもたらす寄生虫から守ったり、法律で飼い主さん達に義務付けられているものだったりします。
とはいっても飼い主さんは大忙し!!
そんな忙しい飼い主さんにおすすめのうっかり防止法を、中でも特に忘れてしまいがちな「ノミダニ予防」「フィラリア予防」について記載したいと思います。

 

うっかりを予防できる3つの方法

  1. 持続型のお薬を使用する
  2. オールインワンタイプを使用する
  3. 月に一度動物病院へ行く日を決める

 

持続型のお薬を使用する

フィラリア予防でも年に1回お注射をするタイプのもの、ノミダニ予防に関しては3ヶ月間効果が持続されるタイプのものがあります。
その子の体質などによって合う・合わないがあるため、使用前にはかかりつけの先生へのご相談が必要となりますが、月に1回というのが苦になるという方にはおすすめです

 
スポンサードリンク
 

オールインワンタイプを使用する

色々なお薬を使い分けるのが面倒・・・という方におすすめなのがこちらです。
よくテレビでCMなども放送されているのでご覧になったことのある方も多いのではないでしょうか?
ノミ・ダニ・フィラリア予防が一つのお薬になっているタイプで、お肉風の味がついているものなど色々な種類があります。
こちらも動物病院でしか購入できないものなので、かかりつけの先生にご相談されたうえで、お家のわんちゃんに合っているものを選ぶことをお勧めします!

月に一度動物病院へ行く日を決める

お家でするとなかなか忘れてしまいがち・・・
という方は動物病院併設のトリミングサロンでのトリミング時や、動物病院に定期的に体重測定や健康チェックを兼ねて行くようにし、その際にお願いしてあげてもらうというのも一つの選択肢だと思います。
食べるタイプのものは、環境がお家でないため、緊張して自分から食べてくれない場合もあるので、その際はスタッフさんや獣医さんなどにお任せしたり、お背中にたらすタイプのものもあるのでそういったタイプをチョイスしても良いかもしれません。

まとめ:うっかりを忘れるにはここを押さえる!

  1. 持続型のお薬を使用する
  2. オールインワンタイプを使用する
  3. 月に一度動物病院へ行く日を決める

 

「お家のワンちゃんやライフスタイルに合ったものをチョイスする」

最近の予防薬にはお背中にたらすタイプ・錠剤・お肉のように味付けをされているチュアブルタイプなど様々な種類があります。
ワンちゃんによっては、錠剤を飲みこむのが苦手だったり、背中にたらされると違和感があって嫌いだったり、嫌なポイントがそれぞれ違って、そのポイントのせいで毎月嫌がるから余計飼い主さん達の負担になってしまってはいませんか?
また、ワンちゃんにとっては良くても、飼い主さん達がその金額で毎月お財布から出費があるとちょっと苦しい…や、そんなにしょっちゅうは動物病院に行けない!
という方もいると思うので、その中でも飼い主さん達のライフスタイルとの間で折り合いをつけられるものをチョイスできるとお互いの負担が軽減できて、嫌なものという負の印象も無くなり毎月予防しやすくなるでしょう。

 

「気軽に相談できる関係をかかりつけの獣医さんやスタッフさんと築く」

動物病院に行くと、たくさん具合の悪そうな子がいて、先生も看護師さんも忙しそう…そんな予防ごときで相談なんてできない…と思っていたりしませんか?
そんなことはありません!
予防はお家のワンちゃんが健康に過ごすためには欠かせない物です。
不便に感じていることがあったり、行なう際に悩んでいることがあったら、やはり解決策を教えてくれるのは専門家の獣医さんや看護師さんです。
どんな小さなことも気軽に相談できるスタッフさんが一人でもかかりつけのどうぶつ病院にいると、安心です。

「お母さん一人など誰か一人でなく家族みんなのお仕事として共有する」

ついついお家に一番長くいるお母さんのお仕事にワンちゃんのお世話を任せきりにしていたりしませんか?
一人のお仕事として予防などすべてを行なうと大変になってしまい、するのが億劫になってしまうこともありますよね。
飼っているワンちゃんに最適の方法が見つかったら、ご家族みんなで分担してみてはいかがでしょうか?
自ら嫌がらずに食べてくれたり、背中に簡単にたらせる様であればお子様がお当番として担当をしても良いと思います。
忘れないように月1日与える日にちを決めておいて、ご家族みんなが見るカレンダーに印をつけておくなどしても誰かが忘れないように行うという意識を高める意味でも良いでしょう。

大切なワンちゃんが健康に過ごすためには欠かせない予防を、忘れずに、かつストレスフリーに行えたらよいですね。

 

スポンサードリンク

 

こちらの記事もあわせてご覧ください

 

コメント大歓迎です!