【犬の腸内環境改善にはオリゴ糖が有効】人間だけでなく犬にも効きます

スポンサードリンク
   

犬を飼っていて困ることの一つが、犬の便秘・下痢です。
特に子犬の間は、ものの分別がつかないため、ティッシュペーパー・タオルなどをちぎって食べてしまったり、道に落ちている木の実などを拾い食いしてしまったりします。
その場で見つけて止められれば良いですが、気付かず飲み込んでしまうこともあります。
飲み込んでしまった場合、お腹を壊して下痢になってしまったり、最悪の場合、つまってしまって腸閉塞の原因になったりします。
獣医師に相談するのが一番ですが、相談するほどでない場合もあります。
下痢や異物食いの治療には、原因がはっきりしている場合、異物を出してしまうのが一番です。
異物出しの手段は様々です。
慣れている飼い主さんであれば、口に手を入れて吐き出させたりしますが、なかなか勇気がいるものです。
今回は、オリゴ糖と腸内環境改善について紹介していこうと思います。

腸内環境改善にはタイトルの通りオリゴ糖が有効ですが、2つのポイントがあります。

  • オリゴ糖を含んだおやつが有効
  • 効果が出ないからとたくさん与えるのは危険

 

オリゴ糖を含んだおやつが有効

 

オリゴ糖は腸の働きを活発化してくれる糖類で、人間の子ども向けのおやつなどでもよく使用されています。
犬の異物食いの場合、腸の働きが阻害され、初期段階では下痢を起こしてしまうことが多いです。
犬の腸は最も狭い場所で人間の小指よりも細くなるため、ちょっとした布の切れ端でもすぐに詰まってしまいます。
オリゴ糖のおやつを与えることで腸の蠕動(ぜんどう)運動を促進させ、つまっている異物を排出する効果が期待できます。
与え方は通常のおやつと変わりません。
ただしポイントとして、食後に標準的な許容量をほんの少し上回る程度の量を与えると効果的です。
うまく効果が現れた場合、詰まっている異物が出るまでは下痢が続きますが、異物が排出された後、たまっていたうんちが「どかっと」出て来ます。
うんちが出てしまえば通常半日程度で通常のうんちに戻っていきます。
犬用のオリゴ糖のおやつは、クッキータイプやスティックタイプなど様々なタイプが販売されており、ホームセンターのペットコーナーなどで簡単に手に入ります。
私は、量が調整しやすいためスティックタイプをよく利用していますが、わんちゃんのお好みで問題ないと思います。

 

 
スポンサードリンク
 

効果が出ないからとたくさん与えるのは危険

 

簡単に手に入り、異物吐き出しと下痢治療に効果のあるオリゴ糖ですが、何度か与えて効果が現れない場合やかえってひどくなってしまう場合には注意が必要です。
効果が現れないといってたくさん量を与えたりするのは危険です。

 

まとめ

 

犬の腸閉塞は重症化しやすく、元気でも急に力を失いぐったりとしてしまうケースもありますので、具合が改善しない場合、様子を見てすぐに獣医さんに連れていくことをお勧めします。
また体質によって合わないわんちゃんもいますので、初めて与える場合、少量で様子を見ていただくのがよいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

こちらの記事もあわせてご覧ください

 

コメント大歓迎です!