犬がチョコレートを食べちゃった!量はどのぐらい食べたら死亡する?

スポンサードリンク
   

2月14日はバレンタインデーですね。

バレンタインの季節は身の回りにチョコレートが増えますよね。

  • 家族や友人などにあげる予定のチョコレートを犬が食べちゃった
  • ヴァレンタインデーにあげようと思って作っていたチョコレートを犬が食べちゃった
  • ちょっと目を話していたらきのこの山・たけのこの里・アルフォートを食べちゃった

なんてことがあるかもしれません。

もしかしたらこの記事を見ているということはもうすでに愛犬がチョコレートを犬が食べちゃったから見ているのかもしれませんね。

そんなあなたに犬がチョコレートを食べるとどうなってしまうのか?

どれぐらい食べたら死んでしまうのか?(致死量や下痢や嘔吐する量はどれぐらいなのか)

詳しくまとめましたので是非ご覧ください。

犬がチョコレートを食べた時に起こる症状は?

犬がチョコレートを食べた時にどんな症状が起こるのかをまとめました。

主な症状としては以下の通りです。

  • 嘔吐
  • 下痢
  • 発作

等です。

チョコレートに含まれる成分(テオブロミンやカフェイン)が犬にとって有害な成分になります。

テオブロミンやカフェインを摂取すると、中毒症状を起こし最悪の場合死に至ります。

犬がチョコレートを食べてしまった場合は、注意しましょう。

 
スポンサードリンク
 

下痢や嘔吐になるチョコレートはどのぐらいの量?致死量は?

次にどれぐらいの量を食べてしまったら下痢や嘔吐が起こるのか、致死量はどのぐらいなのかということについて詳しくまとめました。

※個体により量は変化します。あくまで参考程度に見てください。

まずは、下痢や嘔吐に至るチョコレートの量をグラフにまとめました。

グラフは横軸が犬の体重(kg),縦軸がチョコレートの量(g)です。

チョコレートの種類は2種類で、ミルクチョコレートとブラックチョコレートの2種類です。

 

下痢や嘔吐になるチョコレート量

  • 体重1kg・・・ミルクチョコレート約8g,ブラックチョコレート約4g
  • 体重5kg・・・ミルクチョコレート約45g,ブラックチョコレート約20g
  • 体重10kg・・・ミルクチョコレート約86g,ブラックチョコレート約40g
  • 体重15kg・・・ミルクチョコレート約130g,ブラックチョコレート約60g

といった量になります。

このグラフからブラックチョコレートの方が少量でも、下痢や嘔吐になりやすくなります。

そして、大型犬よりも体重の軽い小型犬の方がチョコレートを食べると危険だということがわかりますね。

また、成犬よりも仔犬の時にチョコレートを食べたほうが危険だということです。

個体差がありますから、参考程度に見てください。

これよりも少ない量で体調が悪くなる場合もありますし、ならない場合もあります。

※どうぶつ病院のデータを参考に作成

次に、チョコレートの致死量についてです。

チョコレートを食べた際の致死量

  • 体重1kg・・・ミルクチョコレート約40g,ブラックチョコレート約20g
  • 体重5kg・・・ミルクチョコレート約220g,ブラックチョコレート約100g
  • 体重10kg・・・ミルクチョコレート約430g,ブラックチョコレート約200g
  • 体重15kg・・・ミルクチョコレート約660g,ブラックチョコレート約300g

致死量は文字通り死に至る量です。

ですから、下痢や嘔吐になる量より多く食べてしまうとチョコレート中毒で死に至ってしまいます。

ミルクチョコレートよりもブラックチョコレートの方が犬にとって有害な成分が多く含まれていますので、少量で死に至ります。

また、ホワイトチョコレートはミルクチョコレートよりも有害な成分は少ないので、目安ですが10倍~20倍程度の量をたべると死に至ります。

個体差がありますから、参考程度に見てください。

これよりも少ない量で死に至る場合もありますし、ならない場合もあります。

少なくとも体調が悪いのを確認した場合はすぐに動物病院に連れていき、獣医師に診せるようにしましょう。

※どうぶつ病院のデータを参考に作成

 

次は、具体的な商品をあげていきたいと思います。

犬はポッキーをどれぐらい食べたら下痢や嘔吐・致死量になる?

先ほどまでの話はチョコレート100%の場合の量になります。

板チョコとか溶かしたチョコレートの事です。

では、ポッキーだったらどれぐらい食べたら下痢や嘔吐になる量になるのでしょうか?

致死量はどれぐらいなのか?を調べました。

 

結論から言うと、

  • 体重1kg・・・下痢や嘔吐:約9本、致死量:約47本
  • 体重5kg・・・下痢や嘔吐:約52本、致死量:約257本
  • 体重10kg・・・下痢や嘔吐:約100本、致死量:約500本
  • 体重15kg・・・下痢や嘔吐:約150本、致死量:約770本

 

ちなみにポッキー1箱で2袋入っています。

1袋には17本入っているので、1箱34本入りです。

1箱に入っているチョコレートの量は29gです。

過去に綺麗にナイフで削って重さを測った方がいるようです(笑)

29gを34本で割ると1本あたり0.85gです。

これをもとに計算した結果が上記の結果になります。

小型犬はポッキーを一箱食べてしまったら危険だということがわかりますね。

※個体差がありますから、参考程度に見てください。

※少なくとも体調が悪いのを確認した場合はすぐに動物病院に連れていき、獣医師に診せるようにしましょう。

犬はきのこの山をどれぐらい食べたら下痢や嘔吐・致死量になる?

きのこの山をどれぐらい食べたら犬は下痢や嘔吐・致死量になるのでしょうか?

結論から言うと、

  • 体重1kg・・・下痢や嘔吐:約5個、致死量:約22個
  • 体重5kg・・・下痢や嘔吐:約26個、致死量:約125個
  • 体重10kg・・・下痢や嘔吐:約49個、致死量:約430個
  • 体重15kg・・・下痢や嘔吐:約74個、致死量:約660個

 

きのこの山は1箱あたり30個入っています。

1個当たりのチョコレートの量は約1.7gです。

これをもとに計算した結果が上記の結果になります。

※個体差がありますから、参考程度に見てください。

※少なくとも体調が悪いのを確認した場合はすぐに動物病院に連れていき、獣医師に診せるようにしましょう。

犬はたけのこの里をどれぐらい食べたら下痢や嘔吐・致死量になる?

たけのこの里をどれぐらい食べたら犬は下痢や嘔吐・致死量になるのでしょうか?

結論から言うと、

  • 体重1kg・・・下痢や嘔吐:約7個、致死量:約32個
  • 体重5kg・・・下痢や嘔吐:約36個、致死量:約176個
  • 体重10kg・・・下痢や嘔吐:約69個、致死量:約344個
  • 体重15kg・・・下痢や嘔吐:約104個、致死量:約528個

 

たけのこの里は1箱あたり29個入っています。

1個当たりのチョコレートの量は約1.3gです。

これをもとに計算した結果が上記の結果になります。

※個体差がありますから、参考程度に見てください。

※少なくとも体調が悪いのを確認した場合はすぐに動物病院に連れていき、獣医師に診せるようにしましょう。

まとめ:犬がチョコを食べてしまったらすぐに対処をしましょう

今回紹介したのは、あくまで参考程度に見てください。

もっと少ない数で急死してしまった犬もいます。

まずは、どれぐらい食べてしまったのかを把握し、様子をよく観察してかかりつけの獣医師にすぐに相談・診断しましょう。

他にもこのチョコのお菓子をどれぐらい食べたらやばいのか知りたいというのがあればぜひコメントで教えてください。

追記したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

こちらの記事もあわせてご覧ください

 

コメント大歓迎です!