【気になる匂い!】使用済みトイレシートの匂いを対策する3つの便利アイテム

スポンサードリンク
   

あなたは「使用済みトイレシートの匂い」に悩んでいませんか?
愛犬が用を足した後の匂いって気になりますよね。

  • 使用済みトイレシート、結構匂うなぁ
  • 消臭効果の高いトイレシートはお高いし・・・
  • 愛犬が年をとってトイレが匂うようになった

室内犬を飼っていると、どうしても気になるのがトイレの匂い。
ビニール袋に入れているだけでは部屋中に匂いが充満してしまい、特に温かくなりはじめる梅雨の時期から夏場は、強烈な匂いに悩むことが多いと思います。
空気清浄機やトイレシートの匂い対策に特化した商品も数多く販売されていますが、正直単価が高いですよね。
もっとお安く匂い対策する方法はないのでしょうか?

 

トイレの匂い対策にお役立ち3アイテム

新聞紙で匂いを包む

使用済のトイレシートを新聞紙で包んでおくだけで匂いがかなり軽減される効果があります。
新聞紙には、脱臭効果があります。
よく、靴の中に新聞紙を丸めて入れると消臭効果があるとテレビや新聞でやっていますよね。
赤ちゃんの使用済みオムツも新聞紙で包むと防臭効果があります。
ビニール袋に新聞紙を敷いておき、さらに使用済みのトイレシートは4つ折りにして新聞紙で包んで処理すれば、OKです。
余分な水分も吸収してくれるので、ビニール袋内に水分が溜まることもないのでゴミ出し時の液だれ防止にもなって一石二鳥です。
新聞紙が入手できない場合は、駅にあるフリーペーパーなどで代替できますよ。

 
スポンサードリンク
 

おむつ用ごみ箱で蓋をする

ペット用のトイレシートなどのごみ箱は値段が高価なものが多いですが、赤ちゃん用のおむつ用ごみ箱は値段も手頃です。
蓋が2重になっていたり、消臭剤がつけられたりするタイプもあるので匂いをシャットアウトしたい方にはお奨めです。
ある程度成長すると不要品になってしまうアイテムということもあり、フリマアプリなどを利用すれば、中古品がかなりお得に購入できるので一家に一台あれば重宝するアイテムです。
もっと安価に済ませたいという場合は、バケツINバケツでも同様の匂いシャットアウト効果が期待できます。
蓋つきのバケツは100円ショップなどでも入手できるのでかなりお安くアイテム準備可能です。
また、バケツの中に入れる小さいバケツをビニール袋で覆うと匂いの漏れだしも軽減されます。
隙間から漏れる匂いがどうしても気になる場合には、蓋と本体の隙間を無くようにゴムパッキンなどを活用すると良いでしょう。

クエン酸(お酢)スプレーでアンモニアを中和する

クエン酸は酸性のため、尿の成分であるアンモニア(アルカリ性)を中和する効果が期待できます。
お酢でも代用可能です。
匂いが気になる場合は、ドラグストアなどでクエン酸を準備しましょう。
作り方はとっても簡単です。
水500mlに対して、クエン酸(お酢)大匙1杯をよく溶かしてまぜるだけです。
あとは100円ショップなどで売っているスプレーボトルにいれて、匂いの気になる場所にスプレーするだけです。
ただし手作りのクエン酸スプレーには防腐剤などが入っていないため、2週間を目途に使い切るようにした方がよいでしょう。
家にあるお酢で簡単にできるお酢スプレーも効果的です。
トイレ以外にカーペットなどの消臭効果もあるのでもし、愛犬がトイレシート以外の場所に粗相をしてしまった場合に是非活用してみてください。

まとめ:3つのアイテムで気になる匂いを防臭

トイレは毎日のことなのでいつも綺麗に清潔にしてあげたいですよね。
人間が匂いを感じているということは、犬はもっと匂いを感じでいるということです。
匂いにまけて掃除が疎かにならないよう、匂い対策にも気をつけましょう。
紹介した3つのアイテムを使えば簡単に匂い対策ができますよ。ぜひ試してみてください。

 

 

スポンサードリンク

 

こちらの記事もあわせてご覧ください

 

2 件のコメント

  • 新聞紙の代わりにフリーペーパーというのはなるほどでした。
    むかし実家では新聞は取っていたんですけど、引っ越して自分で犬を飼うようになってからは新聞を取っていなかったのでどうしようかと悩んでいました。
    参考になりました。ありがとうございました。

    • コメントありがとうございます。
      フリーペーパーは駅で無料でもらえますので、是非試してみてください。

  • コメント大歓迎です!